照明のお話 ~その1~

{ 2019.11.07 }

blog

こんにちは♬♪

~心豊かに暮らす~ 案内人のヤギママです。

すっかり日暮れが早くなりましたね。

そこで、今日は「照明の明かりについて」です。

 

照明をつけるときに気を付けたいことは

『どんな明かりにするのか』です。

細かな作業をするところは

白い光が見やすいです。

 

けれど、寛ぎたいときは

強くて白い光よりも、

柔らかな光源のほうが、気分がほっとします。

例えば、ホテルのラウンジには

ロウソクがテーブルの真ん中にありますよね。

白い光よりは温かみのある白熱球のような

オレンジ系の明かりがいいですね。

 

どうして明かりの色が!?

 

それは、人の体の中にある【体内時計】と関係があるからです。

朝、日が昇り朝食をとったり支度を整えたり

その時の太陽の色は「白い」です。

それから日中になり、夕方を迎える。

 

太陽の光は、だんだんオレンジ色に変わり

やがて日が沈む。

 

生活のリズムと深く関係があるのです。

そこを無視することは、いずれは体調不良を引き起こしていくわけです。

寝つきが悪い方は、電気の球の色を変えてみるのもいいかもしれません。

といっても、「お布団の中でスマホをいじっている」では

効果は出ませんので。

 

最近の照明器具は、LED球なので

リモコンやスマホで色調や明暗を

コントロール出来るようになっています。

安い買い物ではありませんが、便利な機能が付いています。

家づくりはそう何度もできることではないので

自分たちの暮らしを【どんな風に○○○したい】

って、話し合うことは大切なことです。

そこがしっかりと決まっていないと

出来上がった時には「これって…!?」なんてことになりかねませんから。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。