子年は新しい運気のサイクルの始まりです。

植物に例えると成長に向かって種子が膨らみ始める時期であり、

未来への大いなる可能性を感じさせます。

 

また、ねずみは「ねずみ算」と言う言葉があるほど、

子どもをどんどん産んで数を増やしていくことから

「子孫繁栄」の象徴でもあります。

株式市場にも「子年は繁栄」という格言があり、

株価が上昇する傾向にあると言われています。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックによる経済効果を考えると、その格言もあながち間違いではなさそうですね。

 

干支は色んなことに用いられ、

方角や時刻などの実用的なものばかりでなく

その年の特徴や性格・相性を占ったりするのに用いられたりもします。

興味があれば調べてみるのもいいですね。